お店で出てくる”すっぽん”は何という種類?マニアの豆知識

すっぽんといっても、種類はさまざまあります。

すっぽんにも在来種と外来種がいます。

お店で出てくる種類は、日本に昔からいるキョクトウスッポンです。

中国にいる種類で、養殖場で主に養殖されているものにもなります。

以前は川や池など至るところにいましたが、外来種が増えて住処が失われつつあります。

お店で出されているものはほとんど養殖です。

すっぽんは適応能力が高いので雑食性で貝や魚、水草など食べられるものは何でも食べます。

あまり綺麗な水質でなくても生きられるので、温暖な地域の川や池ならどこでも大丈夫です。

ただし、水温が下がると冬眠をします。

甲羅はゴムのように弾力があり、コラーゲンで形成されているため鍋料理としてよく食べられています。

関連記事

  1. 種類がこんなに!?すっぽんの「在来種」について調べてみた!

  2. 一体どこが違う?すっぽん・スッポンモドキを比べてみた!

  3. 食べられないってホント?すっぽんの「膀胱」について調べてみた!

  4. どうやって調理する?すっぽんの「さばき方」について調べてみた!

  5. 【長崎県】すっぽん料理を堪能!今おすすめの人気店〈BEST3〉

  6. すっぽんの健康には「日光浴」が重要!その驚きの理由とは?