すっぽんの飼育。長生きしてもらうための3つのコツとは?

すっぽんを飼育するなら長生きしてもらいたいものです。

長生きの秘訣はズバリ日光浴をさせることです。

日光浴により、甲羅をはじめ骨なども丈夫になります。

病気対策にも一役買います。

頻度は1週間に数回、10分程度で大丈夫です。

すっぽんは水温が下がると冬眠してしまいます。

冬眠することは悪いことではなさそうですが、かなり体力を消耗するので避けた方が良いです。

そのため、水温を25度以上に保ち、冬眠防止することも育て方のコツの1つです。

すっぽんは多数飼いすると、お互いに攻撃し合うことがあります。

傷ついて命を落とすことも考えられます。

初めのうちは1匹だけで飼うことをおすすめします。

多数飼いする場合は、容器を分けたり仕切りをするなどの工夫をしましょう。

関連記事

  1. すっぽん捕獲は”違法”??気になる噂を調べてみた!

  2. すっぽんの寿命は何年?カメの仲間なのに長生きじゃない!?

  3. どうやって抽出してる?すっぽん「エキス」について調べてみた!

  4. 何を食べて育つの?すっぽんの「エサ」について調べてみた!

  5. すっぽんが噛むと離れないのは”可愛い”性格のせいだった!

  6. すっぽんの生き血に寄生虫!?意外と危険なスタミナ食材の話