すっぽんは夜行性!?驚きの「生態」について調べてみた!

すっぽんといえば「噛んだら死ぬまで離さない」で有名だと思いますが、
生態についてはほとんど知らない人が多いのではないでしょうか。

生態は川に生息するカメに似ていますが、体つきや生態から様々な違いが見られます。

特に全身が柔らかくて、狭い場所に入り込んだり、長く伸びる首を生かした活動がみられます。

また、水中で生活することが多く、カメと比較しても水中での活動時間が長く、甲羅干しのために
地上に上がることもあまりありません。

すっぽんは獰猛で怖いというイメージがありますが、彼らが?みつくのは自分の身を守ろうとする
自衛本能のためで、手を出さなければ噛みつかれることもありません。

すっぽんは夜行性と言われていますが、イメージだけで夜行性だと思われています。

早朝などは非常に活発に泳ぎ回っていて、本当は夜行性でなく昼行性な生物のような気がいたします。

関連記事

  1. すっぽんと瓜二つ!?話題のスッポンモドキについて調べてみた!

  2. 【佐賀県】すっぽん料理を堪能!今おすすめの人気店〈BEST3〉

  3. 食べられないってホント?すっぽんの「胆嚢」について調べてみた!

  4. すっぽんの寿命は何年?カメの仲間なのに長生きじゃない!?

  5. すっぽんの健康には「日光浴」が重要!その驚きの理由とは?

  6. ウサギも驚愕!?すっぽんの歩く速度について調べてみた!