食べられないってホント?すっぽんの「膀胱」について調べてみた!

全身のほとんどを食べられるすっぽんですが、料理しても食べられない部分が若干あります。

それは硬い爪と非常に苦い胆嚢、そして「膀胱」です。

つまり「おしっこ」を溜めておくための臓器ですね。

これは破くと非常に臭いらしく、取り出す際には細心の注意が必要といいます。

破れてもすぐに水洗いすれば大丈夫らしいですが、食べる側としては破らずにさばいたものを頂きたいですよね。

膀胱は当然すっぽんの下半身部分にあり、おしっこの出口から尿道を辿ると見つけやすいと言われています。

実際にさばいた人によると、その見た目は「水が入った白い袋」だそうです。

ちなみに、おしっこが溜まっていなければ膀胱は萎んでいます。

膀胱自体に毒などは無いようですが、やはり臭いがキツいため食べることはおすすめしません。

関連記事

  1. どんな川に住んでるの?すっぽんの「生息地」について調べてみた!

  2. すっぽん料理はココから始まった!意外と知られていない豆知識

  3. どうやって調理する?すっぽんの「さばき方」について調べてみた!

  4. 生で食べられる?すっぽんの「レバー」について調べてみた!

  5. お店で出てくる”すっぽん”は何という種類?マニアの豆知識

  6. 【大分県】すっぽん料理を堪能!今おすすめの人気店〈BEST3〉