どんな環境で育ってるの?養殖のすっぽんについて調べてみた!

すっぽんは体長30cmほどの大きさになる亀で、突き出した口先と発達した水かきが特徴です。

肉質は食用に出来るほど柔らかく血は滋養強壮の効果があり、古くから食材として親しまれています。

すっぽんは淡水性であるため、川や沼などに生息し冬になると冬眠します。

音や匂いに非常に敏感で臆病な性格をしており、少しでも生活音を出すと首を引っ込めて身を隠します。

養殖のすっぽんも同じで、音などを聞き取ると水中で息を潜めて動かなくなります。

そのため、人里から離れた自然環境に近い静かな場所であればストレスがかかりにくく、養殖場所にして養殖のすっぽんを育てると肉の品質が良くなるため、すっぽんはその環境下で飼育されています。

関連記事

  1. すっぽんの健康には「日光浴」が重要!その驚きの理由とは?

  2. どこまで成長する?すっぽんの「大きさ」について調べてみた!

  3. すっぽんの上手な食べ方!部位別に紹介します

  4. 野生のすっぽんは食べられる?知っておきたい意外な話

  5. すっぽんは夜行性!?驚きの「生態」について調べてみた!

  6. すっぽんの飼育。長生きしてもらうための3つのコツとは?