違いがないって本当?すっぽんの天然・養殖について調べてみた!

出回っているすっぽんはほとんどが養殖とされていて、天然のものは少なく貴重となっています。

天然と養殖の違いとしては、まず肉質です。

天然の場合は自分で餌を探すため、肉質を鍛える事ができますが、養殖の場合は自分から餌を探す事がないので肉質はあまり鍛えられてない事がまず挙げられます。

見た目にも違いがあります。

天然のものの場合茶褐色や黄色や緑色が強くなっていますが、養殖のものは色が薄くなっているという違いがあります。

多少見た目に違いはあるものの、天然ものも養殖ものも栄養に関してはほとんど違いがないため、どちらを食べたとしても同じ効果を望む事ができ、身が鍛えられているかどうかという点以外はあまり大きく異なる部分はないです。

関連記事

  1. すっぽんはコラーゲンだけじゃない!驚きの栄養価とその効果とは?

  2. すっぽんでコラーゲンを摂るなら”どの部位”を食べるべき?

  3. 自宅で簡単ってホント?通販で”すっぽん鍋”を買った人に聞いてみた!

  4. これがすっぽん鍋のパワー!滋養強壮だけじゃない驚きの効果とは?

  5. すっぽんの生き血が体に良いってホント?驚きの効果を調べてみた!

  6. すっぽんサプリの”賢い”選び方!3つのポイントを押さえよう!