すっぽんの飼育。脱皮を始めたらどうすればいい?

すっぽんは、成長するために脱皮を繰り返します。

脱皮というとヘビやセミのように体の形の抜け殻が残るような印象がありますが、すっぽんの場合は、皮が剥がれるように脱皮するので、すっぽん型の抜け殻が残るわけではありません。

甲羅の皮が少しずつめくれるので、初めて目にすると怪我をしているのかと思う人も少なくないようですが、健康に育っている証拠です。

脱皮が始まったら、人が手伝えることはないので静かに見守るだけです。

皮は自然に剥がれ、水の中でひらひらしているので取り除いてあげます。

ただし、水カビ病という病気で、脱皮と似た症状になるものがあるので注意が必要です。

こちらの場合は治療が必要なケースが多いので、専門家に相談するなどしてください。

関連記事

  1. 安いすっぽんを手に入れる方法は?味や安全性は大丈夫?

  2. どんな環境で育ってるの?養殖のすっぽんについて調べてみた!

  3. すっぽんは何類にあたる?カメとは種類が違うってホント?

  4. すっぽんが原因で食中毒!?知っておきたい危険な話

  5. すっぽんの上手な食べ方!部位別に紹介します

  6. すっぽん好きに嬉しい!ふるさと納税におすすめの都道府県