種類がこんなに!?すっぽんの「外来種」について調べてみた!

日本に生息しているすっぽんの外来種には、「ヒラタスッポン」「トゲスッポン」「インドシナオオスッポン」などがいます。

まずヒラタスッポンですが、世界でも最小といわれるすっぽんで甲長は最大でも26センチほどです。

頭部が身体に比べて大きめで、首の根元がオレンジ色です。

トゲスッポンは7種類確認されていて、6種類はアメリカに、1種類はメキシコに生息しています。

肉食で、オスよりもメスの方が大きくなるすっぽんです。

鼻先は細く、背甲の前縁部には棘のような突起があります。

インドシナオオスッポンは、インドネシアやカンボジアなどの東南アジアに生息しています。

肉食寄りの雑食で、成長すると80センチにもなるという大型のすっぽんです。

これらの外来種は日本では食用ではなく、主にペットとして人気があるようです。

関連記事

  1. どんな環境で育ってるの?養殖のすっぽんについて調べてみた!

  2. 【佐賀県】すっぽん料理を堪能!今おすすめの人気店〈BEST3〉

  3. どうやって捕まえるの?野生すっぽんの「罠」について調べてみた!

  4. お店で出てくる”すっぽん”は何という種類?マニアの豆知識

  5. 食べられないってホント?すっぽんの「胆嚢」について調べてみた!

  6. すっぽんは実は…生きた化石だった!?驚きの豆知識