意外と可愛い一面も!すっぽんをペット化する人が増えている話

すっぽんというと鍋などの食材としてのイメージや、噛まれたら離さないなどの凶暴なイメージを持っている人が多いかもしれません。

しかし、今すっぽんをペットとして飼っている人が増えてきています。

すっぽんは育てていくと噛みつかなくなったり、なついたりすることもある愛嬌のある生き物で、飼っているうちに愛着が湧くものです。

すっぽんは爬虫類を取り扱っているペットショップや即売会にて簡単に購入が出来ます。

飼育に必要な主な道具は水槽、床材、ヒーター、照明です。

水槽は幼体は30cm程度でも平気ですが、大きくなると90cmサイズが必要になります。

床材は小さい砂などの、皮膚を傷つけないような素材を使用します。

寒さに弱いので、ヒーター等の保温器具は必須です。

また、日光浴を行うので照明もあるとよいです。

餌は肉食のため生餌を好みますが、人工飼料でも飼育可能です。

道具も全てペットショップ等で簡単に手に入ります。

関連記事

  1. すっぽんの寿命は何年?カメの仲間なのに長生きじゃない!?

  2. すっぽんの飼育。長生きしてもらうための3つのコツとは?

  3. どうやって捕まえるの?野生すっぽんの「罠」について調べてみた!

  4. 何を食べて育つの?すっぽんの「エサ」について調べてみた!

  5. すっぽんの生き血に寄生虫!?意外と危険なスタミナ食材の話

  6. すっぽんの健康には「日光浴」が重要!その驚きの理由とは?