すっぽんの産地といえば大分県”安心院”!その理由と魅力に迫る

大分県の安心院は、全国的にすっぽんの産地として知られている地域です。

このようにすっぽんの産地としてその名が有名になったのは、大正時代に安心院出身の政治家が著書でその味の素晴らしさを紹介したことがきっかけになったと言われています。

そんな大分県の安心院は、美しい清流と温暖な気候というすっぽんを育てるのに最適な環境が整っているため、そこで育ったすっぽんはいずれも質の高さを誇ります。

また、養殖技術が発展している安心院では、通常冬眠してしまう冬場も含めた1年中上質なすっぽん料理の数々を堪能できる点も魅力です。

さらに、この地域では鍋や刺身、からあげといった一般的にイメージされがちな高級なコース料理だけでなく、定食やうどん、雑炊など比較的低価格の料理も提供されており、気軽にその味を楽しめます。

関連記事

  1. どうやって捕まえるの?野生すっぽんの「罠」について調べてみた!

  2. 胃腸が弱くても大丈夫?すっぽん食の豆知識

  3. 食感はどう?すっぽん鍋について聞いてみた!

  4. すっぽんは夜行性!?驚きの「生態」について調べてみた!

  5. お店で出てくる”すっぽん”は何という種類?マニアの豆知識

  6. すっぽんの飼育。長生きしてもらうための3つのコツとは?