すっぽんは栄養の宝庫!なかでも豊富な「レシチン」にはどんな効果が?

すっぽんに豊富に含まれている成分のレシチンは、リン脂質の一つで体内の細胞膜に存在し、脂肪の代謝を促して肝機能を高めてくれる効果が期待できます。

それから、動脈硬化を防ぐ効果もあるのです。

理由は、レシチンには血液中の水分と脂肪分を乳化する性質を持っていることから血管内にコレステロールが溜まっていくのを防いでくれるため、動脈硬化を起こしにくくなると言われています。

血液の流れがスムーズになれば細胞に必要な栄養素もしっかりと運ばれていくため、肌も美しい状態を保てるものです。

また、記憶力に関わる神経伝達物質のアセチルコリンに必要な成分ですから、すっぽんに含まれるレシチンを摂取しますと記憶力を高める効果もあります。

関連記事

  1. すっぽんは栄養の宝庫!なかでも豊富な「スレオニン」にはどんな効果が?

  2. すっぽんは栄養の宝庫!なかでも豊富な「ヒスチジン」にはどんな効果が?

  3. すっぽんは栄養の宝庫!なかでも豊富な「マグネシウム」にはどんな効果が?

  4. 栄養価が高すぎる!?すっぽんの「卵」について調べてみた!

  5. すっぽんは栄養の宝庫!なかでも豊富な「ビタミンB1」にはどんな効果が?

  6. すっぽんは栄養の宝庫!なかでも豊富な「亜鉛」にはどんな効果が?